オルカ(ORCA)レンタルシステム価格

須賀医院様[⇒須賀医院様のホームページはコチラ]

院長名 須賀 洋院長
県名市名 埼玉県さいたま市
導入時期 2003年6月
前使用機種 ユニコン
機器構成 ORCA2台+WOLF+WinORCA Expert
病床数 無床
診療科目 内科

日医標準レセプトソフトについて

選んだ理由IDKが飛込みで営業に来たので検討し、導入を決めた。

導入時(切替時)の感想(またはアドバイス)導入当初は日医からソフトが出たばかりだったので、初期はソフトも機能的にいまひとつだったし、マシンが動かないなどのトラブルもあり、導入には苦労した事ばかりが記憶に残っています。 IDKへもいろいろレポートすることなどあって、参考になったのではないでしょうか。(ありがとうございます。) 今後導入を検討されている先生方は、自力で導入されるのはいろいろな事に精通してないといけないので、しっかりした所へ頼んで任せた方が良いと思います。

導入して良かったこと・悪かった(苦労した)こと問題もたくさん多かったが、問題発生時にIDKしっかり受け止め対応してくれたので、現在でも続けています。 最近では機能が多くなって良かったのだが、機能が多くなってボタンが増えたり、次のページに行ってしまったりでわかりづらくなっている様に感じる事もあります。

IDKへのコメント

IDKを選んだきっかけを教えてください飛込みで来たので決めました。

IDKのサポートにしていかがでしたか?問題もありますが、良くない所を言うとしっかり対応する姿勢が良いですね。
80点は上げられるサポートです。
PCがクラッシュした際、事務員さんに対応頂くのも難しいと思いますので、IDKでいかに早く対応してもらえるでしょうか。(須賀先生の所は、主従サーバになっておりますので、1台がクラッシュしてもリモートで対応出来ますので、それほど時間がかからず、一時対応出来ると思います。)

今後の日医標準レセプトソフトに期待すること

禁忌チェックなどのチェック機能の充実をお願いしたいです。
レセプトチェッカーを使っていますが、そこまで完璧ではありませんので、日レセで出来る様にお願いします。 今後更にORCAの導入が進むには、外来の部分を強調してレクチャーをするなど、複雑になりすぎたのを簡単に説明出来れば、加速するのではないでしょうか。例えば各医療機関で使う機能のボタンが抜粋して出せるようにするとかになれば、必要なものだけ使えれば非常に使いやすいですよね。

その他(診療科別メリット・地方公費など)

WOLF(診療支援システム)
受付処理を受付にしてもらっていますので、自動でオルカとデータの同期がとれ便利です。 患者さんへのインフォームドコンセントにも利用出来重宝しています。 ほとんどの機能を利用しているので、現在はWOLFがないと診療が出来ない様な状態です。病院との連携の際のやり取りの際にも利用していますし、画像管理もWOLFを利用しています。例えば心電図の結果も画像として取込んで利用していますので、データの管理も便利です。 検査もオンラインにて取込めて便利な上、患者さんへも結果をグラフ表示等で説明しています。(検査:メディカジャパン様利用)
WinORCA Expert(簡易オーダーリングシステム)
最初は頼りなかったが、どんどん機能追加になるので、今は便利に使っています。 特にオーダーと病名に“最近使用”のボタンが出来たので、そこには最近使用したものが表示され、便利になりましたので、これは良く使う機能です。  今後も意見を取り入れてどんどん開発をお願いしたいですね。

今後のIT化に向けての取り組み

ひと通りはIT化出来たと思っていますが、一部連携が出来ていないものがありますので、今後は今ある機器を変えた際にはWOLFや現行システムとの連携をしていきたいと思っています。

ページの先頭へ