お客様の声と導入事例

西野医院様

院長名 西野 弘美院長
県名市名 茨城県日立市
導入時期 2007年12月
前使用機種 サンヨー
機器構成 1台(+GLクライアント2台)(レセプトチェッカー使用)
病床数 無床
診療科目 内科・小児科・心療内科・外科・形成外科・リハビリ科

日医標準レセプトソフトについて

選んだ理由丁度リース切り替え時期だったことと茨城県医師協同組合の専務理事を
しているので日本医師会が作っているORCAを茨城県医師協同組合推奨
のORCA認定事業所IDKよりORCAを導入することとした。

導入時(切替時)の感想(またはアドバイス)レセコンのデータがすべて移行出来ればもっと簡単だったと思いますが、
レセコン操作の練習になり逆に良かったと思います。
データ移行をしないで導入をしたが、うまく導入できたと思います。

導入して良かったこと・悪かった(苦労した)ことコストが削減できた。

レセプトチェッカーを導入して査定されるものが減ったので助かった。
事前に十分な説明があったので、特に悪かったことは思い当たらない。

IDKへのコメント

IDKを選んだきっかけを教えてください茨城県医師協同組合指定の日医認定事業所は以前からIDKのみであったが、医師会や医師協同組合の
活動や説明会などで常に協力をしてくれるので、今後もIDKのみでお願いしたいと思っている。

IDKのサポートにしていかがでしたか?予想以上にいろいろお世話をしてもらったので助かった。
現在も満足している。

スタッフの方々のコメント

IDKのレクチャーはいかがでしたか?レセコン未経験の者もいたので、時間が短かったと
感じたので、コールセンターにも聞けるが稼働前に
レクチャーがもう少し長いほうが良かったと思ったが、
説明はわかり易かったです。

ORCAになれるまでにどのくらいかかりましたか?操作方法をすべてマスターするには、4〜6ヵ月くらいは
かかったと思います。
西野医院に移ってORCAを使用しましたが、医院に
なれるのとORCAになれるので初めは大変でしたが
1年たてば全く問題なくなると思います。

ORCAになれるのにどのような工夫をされましたか?ポイントをメモし、まとめを作成し活用した。
複数セットを入れるのに入れやすい方法等の順番をメモ
しておくと便利だと思います。

ORCAはいかがですか?レセプトチェックや統括表には時間がかかると感じる。

その他現在レセ電をしているが綴じる必要がないので、便利に
なったと思います。
複数画面を見る際の切り替え機能があると入力しながら
レセプトを画面でチェック出来るので非常に便利だと思い
ます。

今後の日医標準レセプトソフトに期待すること

ORCAは非常によいシステムだと思うので今後の更なる普及をお願いしたい。
レセコンの切り替え時期などにPRをして普及率を上げるようIDKにも頑張ってほしい。
今後もIDKが医師会のイベントへの協力を継続してお願いしたい。

その他(診療科別メリット・地方公費など)

ORCAは特に導入時の料金も安いが、以前は更に診療報酬改定ごとに料金がかかったが、今は改定の際、
ダウンロードで済むので費用がかからないのもメリットである。

今後のIT化に向けての取り組み

FD・CD等のコストや環境への配慮を検討しないと行けないと思います。
レントゲンをフィルムレスにしたが、使い勝手がフィルムの時よりも悪いので、デジタルカメラの様な
簡単な操作で出来るものがほしいと思っているし、コストももっと抑えたものを是非開発してほしい。
ページの先頭へ