Win ORCA Expert

紙カルテを残したまま、運用を効率化したい医療機関様の
ご要望にお応えしたソフトウェアです。

外来患者を対象として、紙カルテの処方・処置欄へ記載する診療行為を簡単に入力で き、入力後は、日レセへ転送すると同時にプリンタへ出力(レシート型プリンタ推奨)します。 受付は戻ってきた紙カルテと日レセ上に転送された診療行為とが一致しているかを確 認する作業が発生しますが、紙カルテからレセコンへ転記する作業が省けるため、医 療機関内部における診療行為の2重入力を防ぎ、業務の効率化が期待できます。 更にレセプトチェッカーとの連動機能を持たせ、より効率的な業務を実現します。
Expert概要

フルマウスオペレーションを実現
タブレットPCでも入力可能

診療行為は日レセのマスタを利用して入力
最新の薬価マスタを利用可能  (日レセでの更新アナウンス時、手動にて更新する必要があります。)

日レセに登録されている入力セットやDo処方を利用できる
既に日レセが導入されていれば、初期導入が簡単 DO処方も簡単操作で一発選択

薬剤の力価入力が可能
処方量と力価の入力が可能
力価入力の場合、処方量を自動換算
力価自動計算もOK

リアルタイムな薬剤禁忌チェック
患者への投与と同時にチェック
併用禁忌もチェック!

簡易的な処方オーダリング
各処置室へネットワークプリンタを設置すれば入力した診療行為を指示箋として発行できる
(診療行為種別区分毎に発行可能)

診療行為の詳細を右クリックでクイック表示
選択した診療行為を右クリックすると点数、薬価、有効期間、診療コード、正式名称などを表示します。
診療行為の詳細情報もチェック可能

レセプトチェッカーとの連動
病名と薬剤の組み合わせをリアルタイムチェック
・レセプトチェッカーをインストールしておく必要があります。
・レセプトチェッカーはSKFメディカル株式会社の製品です。

WOLFとの連携
診療支援ツール(画像ファイリング、各種帳票作成)との連携が可能
・WOLFをインストールしておく必要があります。
・WOLFランチャーが必要です。
・WOLFはメディカルドメイン株式会社の製品です。

IDKからのご提案
〜紙カルテの運用による院内IT化〜

※電子カルテではありません。

ページの先頭へ