健康用品

スピルリナコラーゲン

スピルリナにコラーゲンを配合


スピルリナは、学名を、Arthrospira Platensisといい、1827年にドイツ人によって発見され、その名を世界中に知らしめた藍藻ハーブ(植物性プランクトン)です。
スピルリナはラテン語で「らせん」、「ねじれる」という意味を持ち、細胞がコルク抜きのようにらせん型にねじれていることから、こう呼ばれるようになりました。普通の藻が淡水に生息しているのに対し、高温・高アルカリ・高塩分という厳しい環境下で繁殖するのが大きな生物的特徴です。この条件はまた、雑菌の繁殖を防ぐのにも役立っています。

スピルリナは、35億年前に地球上に誕生した生物(藍藻)で、あらゆる動植物の起源と言われています。人間の体内に必要とされる栄養素を豊富に含んでいます。中でもタンパク質はその60%も占めています。

一般にタンパク含有量の高い良質の食品として知られる大豆でも33%〜35%、牛肉でも18%〜20%にしかならず、スピルリナはその2倍、3倍の量を含有していることになります。

さらに、タンパクの大事な条件である必須アミノ酸も含んでおり、優れた栄養バランスを保っています。
タンパク質は生体の構造や機能にとって中心的な働きをする栄養素で、特に必須アミノ酸は体外から摂取しなければならない大切なものです。

健康補助食品 スピルリナコラーゲン
[商品コード:4020020] お問い合わせ

〈仕様〉
◆1日10粒中
◆スピルリナ原末1200mg
◆フィッシュコラーゲン300mg

一覧ページへ ページの先頭へ